セキュリティ

まずはクラックされないように努力する。
aptitude upgradeでセキュリティホールを塞ぐ
不要なサービスは停止する
iptabelesでフィルタリングを行う
initdによる制限
など

次にクラックされた際にそれに気付くように努力する。
logwatch
logcheck
snort
chkrootkit
など

クラックされた範囲を確認し、復旧できるようにする。
tripwire
rsyncなどによるこまめなバックアップ
など

コメントは受け付けていません。