MHonarc

aptitude install mhonarc

日本語対応など
mhonarcを使用するユーザのホームディレクトリに mhonarc.rc を作成。
<DECODEHEADS>
<MIMEARGS>
text/plain:default=iso-2022-jp
</MIMEARGS>
<CharsetConverters>
iso-2022-jp; iso_2022_jp::str2html; iso2022jp.pl
</CharsetConverters>
<DefCharset>
iso-2022-jp
</DefCharset>
<NOMAILTO>
<MsgPgBegin>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML//EN”>
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>$SUBJECTNA$</TITLE>
<LINK REV=”made” HREF=”mailto:$FROMADDR$”>
</HEAD>
<BODY>
</MsgPgBegin>
<IDXSIZE>
200
</IDXSIZE>
<MULTIPG>
注意。。。<>は半角に読み替えてね。

MLに投稿されたメールをリアルタイムでhtml化することも出来るようだが、設定が面倒だったので、crontabで定期的にmhonarcを実行する事に。
MLに投稿されたものは /var/spool/ml/メーリングリスト名/spool に保存されるのでそれをcrontabからmhonarcを実行。 (10分置きくらいで十分?)
mhonarc -reverse -treverse -modtime -add -nomailto -nourl -multipg -idxsize 100 -outdir Webでの公開フォルダ /var/spool/ml/メーリングリスト名/spool/
これなら簡単でしょ。

コメントは受け付けていません。