apache2

aptitude install apache2
あとは質問に答えるだけ。以下の部分のみデフォルトと異なる回答をした。
[*] ja_JP.EUC-JP EUC-JP

debianのapache2の設定は少々独自のルールがある。
もちろんルールを無視して運用する事も可能だがせっかくなのでできるだけルールに沿って設定してみた。

通常httpd.confで設定するがdebianでは、
・基本設定 /etc/apache2/apache2.conf
・モジュール /etc/apache2/mods-available/
・バーチャルドメインの設定 /etc/apache2/sites-available/
に、それぞれ設定する。
また、使用するモジュールやバーチャルドメインをmods-enabled/ と sites-enabled/ へ、それぞれシンボリックリンクする。
それによりファイル修正などをせずに気軽にモジュールやバーチャルドメインの組み込みと切り離しができるようになっている。

と、言う事でまずは/etc/apache2/apache2.confの設定。
・うるさいワームをログに残さない
#LogFormat “%h %l %u %t “%r” %>s %b “%{Referer}i” “%{User-Agent}i”” combined
LogFormat “%h %l %u %t “%!414r” %>s %b “%{Referer}i” “%{User-Agent}i”” combined
・ログ解析ソフトを使用するのでログ形式を変更
CustomLog /var/log/apache2/access.log combined
・日本語設定
#LanguagePriority en da nl et fr de el it ja ko no pl pt pt-br ltz ca es sv tw
LanguagePriority ja en da nl et fr de el it ko no pl pt pt-br ltz ca es sv tw
AddDefaultCharset Off
・RSSをブラウザで表示させたいので
Addtype text/plain .rdf .xml

バーチャルドメインの設定ファイルを作成。
/etc/apache2/sites-available/設定ファイル名
それを組み込む
a2ensite 設定ファイル名

使いたいモジュールを組み込む
a2enmod

apache2の再起動
/etc/init.d/apache2 restart

コメントは受け付けていません。