apt

sargeではapt-getの代わりにaptitudeが推奨されている。

パッケージの検索
aptitude update  ←これにより最新の情報を先に指定したサーバから取得する
apt-cache search キーワード
もしここでヒットしない場合も諦めてはいけない。
debianには安定版、テスト版、不安定版と3つのパッケージが用意されている。

パッケージのインストール
aptitude install パッケージ名

アンインストール
dpkg –purge パッケージ名
強制アンインストール
dpkg –force-all パッケージ名

インストールされているパッケージの一覧表示
dpkg -l

インストールされているソフトを全てアップデート
aptitude update
aptitude upgrade -y
これを毎日crontabで動かせばサーバのソフトは自動的に最新状態が維持される!!
とっても便利。

もし、RedHat用のrpmを使用したい場合は、
aptitude install alien
で、debian用に変換してくれるらしい。
試した事は無いので、どのくらいの確立で変換に成功するのかは不明。

コメントは受け付けていません。