webカメラ

動体検知機能付きの無線webカメラ PLANEX CS-W01B を購入。
この機種、多機能なのに安価だが、ネットではあまり評判が良くない。
使ってみて判ったが、画像取得が不安定だった。
そして何よりも動体検知はセンサーなどで行っているのではなくクライアントPCでの画像処理によるもの。動体検知機能を使用するにはWindowsPCを起動し続けなければならない。。。オイオイ。

と、言う事でlinuxで使用するにはかなり問題の一品。

気を取り直して。
linuxでも動体検知の画像処理をしてくれるmotionというソフトがあるのでそれを使用してスタンバイサーバに環境作成。

aptitude install
/etc/motion/motion.conf 修正
daemon on
quiet on
target_dir 画像を保存するフォルダ
netcam_url http://webカメラのIP/image.jpg
netcam_userpass webカメラに接続するためのユーザ名:パスワード
minimum_gap 5 ←撮影後のインターバル
threshold 30000 ←640×480の場合これくらいがちょうど良かった
output_all off
auto_brightness on
noise_tune on
night_compensate off
pre_capture 0
jpeg_filename %Y%m%d%H%M%S-%q

起動
motion

フォルダ内の画像ファイルを読み込んでimagemagicでサムネイルを作成するCGIを作ってみました。
よかったら使ってね。 →perl版  →シェル版

コメントは受け付けていません。