インストール

サーバに必要なものはインストールしないという方針のもと、sargeインストール時の選択はとにかくアプリは何も入れない。

OSのインストールが終わったら、まずはネットワークの設定を行う。
/etc/network/interfaces ←IPアドレスの設定を行う
/etc/hosts ←サーバ名や他の自宅サーバ名とIPの紐張りを行う
/etc/resolv.conf ←使用するDNSサーバを設定する
この段階ではエディタはviしか使用できないので慣れていない人には少々手間カモ。

インストール後にまずは現時点までのパッチを適用。
aptitude upgrade

sargeが安定版に切り替わる直前なので、リリース後に次のtest版が流れ込んできてしまう危険がある。そうなってしまうと面倒なのでaptの設定を修正。ついでにnon freeも取得できるように修正。
(non freeはnamazuのpdf関係で必要)
/etc/apt/sources.list
#deb http://ftp.jp.debian.org/debian testing main
deb http://ftp.jp.debian.org/debian sarge main contrib non-free
#deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian testing main
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian sarge main contrib non-free
#deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ sarge/updates main contrib non-free

その後、サーバ構築、運営に必要(もしくは便利)と思われる細々としたツール類をインストール。
aptitude install fdclone
aptitude install emacs21
aptitude install mule-ucs
aptitude install w3m
aptitude install curl
aptitude install bzip2
aptitude install zip
aptitude install unzip
aptitude innstall gcc
aptitude innstall g++
aptitude innstall make
aptitude install ntpdate
aptitude install patch
aptitude install jless
aptitude install lv
aptitude install devscripts

日本語が使えるようにrootの環境設定ファイルを修正
/etc/profile
# for japanese
LANG=”ja_JP.ujis”
LESSCHARSET=”japanese-ujis”
export LANG LESSCHARSET

/root/.bashrc
FD_EDITOR=emacs
FD_PAGER=lv
export FD_EDITOR
export FD_PAGER
export PERL_BADLANG=0
export JLESSCHARSET=japanese
export EDITOR=/usr/bin/emacs

/root/.fd2rc
#LANGUAGE=eng
LANGUAGE=jp

/root/.emacs
(set-language-environment “Japanese”)
(set-default-coding-systems ‘euc-japan-unix)
(set-keyboard-coding-system ‘euc-japan-unix)
(set-terminal-coding-system ‘euc-japan-unix)
(auto-compression-mode t)
(global-set-key [delete] ‘delete-char)

コメントは受け付けていません。